ここでは、子役オーディションの裏話について色々知っていることを明かしたいと思います。

決して闇とかではありませんが、オーディションの全容などをご紹介したいなと思っています。

 

子役プロダクションのオーディション

まず、子どもが受けられるオーディションというのは、基本的に子役のプロダクションに所属するためのオーディションになります。

子役になって、いろんなドラマや映画などに出演するためには、一般人のままでは到底出演することなど不可能なんですよね。

子役オーディション

そのためにまず、1番最初に大事になってくるのが、どの芸能プロダクションいわゆる、子役プロダクションに入れるかということになってきますよね。

 

やはり、力のあるお役プロダクションに入れた場合、ドラマや映画などの出演、テレビ番組等への出演、CMなどへの出演をするチャンスはそれだけ多くなります。

聞いたこともないような、子役プロダクションにもしも入ってしまったのなら、なかなか役をもらえない、ドラマのオーディションにいたとしても、役が決まらないと言うことが起こるでしょう。

そもそも、講師自体が実力がなかった場合演技力も尽きませんし、子供は吸収力が半端ないですから、子供の潜在能力を引き出すことができるかと言うのは優秀な講師がいるプロダクションと言うのも重要になってきますね。

そんな中、注目されている子役プロダクションが1つあります。 皆さんもう、ご存知かと思いますがテアトルアカデミーになります。

今、流行っているドラマや映画、シーエム等の子役の出演者を見てみると所属先を見るとテアトルアカデミーと言うのがほんとに多いんです。

そんな情報知ってか知らずか、親御さんは自分の子供をどうにか可愛い子役タレントにしたいと言う思いからテアトルアカデミーのオーディションに応募したり参加したりと奮闘するわけです。

 

有名な子役プロダクション一覧

  • テアトルアカデミー
  • 劇団ひまわり
  • ジョビーキッズ
  • サンミュージック
  • セントラル子供タレント
  • 劇団東配

このような子役事務所は有名ですし、実績もあるので、間違いないと言えると思います。

 

子役プロダクションに晴れて入れても役がもらえないこともある?

子役オーディション

必死にオーディション対策をして、頑張って子役事務所に晴れて所属することができた場合、親御さんもお子さんも、もしかしたら親戚一同で大喜びするかもしれません。

しかし、プロダクション所属のオーディションに受かり、子役への道が開けるかと言うとそうではありません。

レッスンを受けても、まったく目が出ない子もいます。

親が必至なだけで子供自体は子役をすることに何の興味をもっていないお子さんだっています。

そんなお子さんだった場合、やる気がなかったりすると、プロダクション側としても、役が来ても推薦しないでしょう。

また、ドラマやCMに出演するためのオーディションに参加したとしても、受かるとも限りません。

あのマナカナでさえ、ほとんどのオーディションに落ちてきた経験があり、やっと決まったふたりっこで有名になれたそうです。

今では有名な女優さんでさえ、そんなふうにいくつものオーディションを受けて受けてようやくつかんだ役だったりもするわけで・・・

 

ですが、プロダクションに合格し、所属するということは、月謝や入会金などは払う必要があります。

お金に余裕のあるご家庭の場合は問題ないかもしれませんが、少し給料の安めのご家庭だったり、余裕のないご家庭の場合、目が出ないのにずっと子供を芸能プロダクションに入れ続けて、月謝などを払い続けていくというのは、ちょっと経済的な負担がのしかかってくるという現実もあるとはいえるでしょう。

 

それでも、親御さんは、もしかしたら次のオーディションで大河ドラマが決まるかもしれない。

もしも朝ドラに決まれば、全国区で有名になれ、他の仕事がどんどん舞い込んでくるかも。

一緒にレッスンを受けているあの子でさえ、ドラマが決まったんだから、次はうちの子だって合格するはず。

そして、合格して、ヒット作にもしも出演で来たら、有名タレントさんと共演だってできるかもしれないし、雑誌やテレビ番組、番宣などに自分の子供が出られるかもしれない。

そんな風に夢見たりもするのが実情ではあります。

 

芸能プロダクションに入っていると、自分の子供だけではなく、一緒にレッスンを受けていた子がふとしたきっかけでオーディションに受かり、そのまま超有名子役へ変貌を遂げる姿をすぐちかくでみることがあるんです。

ついちょっと前まで、自分の子と同じように、普通に生活して、週に1回のレッスンに通っていた子が、たまたま決まったオーディションでドラマがヒットし、誰もが知る俳優さんの息子役を演じている。

話題になり、テレビにも出ている。

そしたら次々にCMが決まる。

そんなのがまじかに起こります。

 

あの鈴木福くんや芦田愛菜ちゃんだって、最初は普通の子で芸能プロダクションに所属していた名前も知られていない子役ちゃんでした。

ですが、たまたま出たドラマがきっかけであんなふうに人生が大きく変わったんです。

 

それは、子役本人だけではなく、家族の運命さえも変える可能性があります。

そうなれば、子どもだけで、親以上に稼ぐこともあります。

そうなる可能性があるということを知ってしまうと、多少は月謝が高くてもその夢を信じてしまうというのはありますよね。

 

子役プロダクションに入るのは狭き門?

やっぱり、子役のプロダクションに所属するというのは狭き門なんでしょうか?

もちろん、応募した全員が受かるとは言えません。

しかし、必ずしも倍率が5倍とかそういったレベルのお話しではありません。

 

とういのも、プロダクションに入ってから花開く子だってたくさんいます。

化ける子もたくさんいます。

よくジャニーズのタレントさんで、ジャニーさんは中学生の子を見て10年後が見えるなんて言ったりしますよね。

たしかに小学生時代の写真などを見ると、あれ?という子が大人になると成長して急にすごくかっこよくなったりもします。

 

そういうことを見越して合否を決めますから、プロダクションへの所属はすごくすごく狭き門化と言うとそうではないこともあります。

 

狭き門なのは、そこから受けるオーディション

今は、どこの子役事務所も子役育成に力を入れています。

そして、人気ドラマのオーディション、朝ドラや大河ドラマのオーディションなど誰もが出てみたい作品などには、子役事務所に入っている子役ちゃんが一堂に会して受けていきます。

ですが、そのオーディションで役をもらえるのは数名だったりします。

なので、プロダクションに所属した上で、ドラマの役をもらったりするのは狭き門だともいえるかと思います。

 

そうはいっても、大河ドラマなどを見てみると、ほとんどの子役がテアトルアカデミーの所属の子役さんだったりもするという意味では、プロダクションによって役をもらいやすい・もらいにくいというのは現実的にある話だと思います。

 

テアトルアカデミーのオーディション詳細を見てみる

 

 

 

投稿日:

Copyright© 子役オーディションについて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.