未分類

オーディションを受けて子役になる為に大事な事

投稿日:

子役になるには・自分でオーディションを受ける・芸能事務所に所属する・スカウトされる・キッズがから子役になるといった方法があります。

 

こうしたプロセスを経て子役になり、やがてオーディションを受け役をつかんでデビューすることになります。

 

子役としての活動をするためにまず「オーディション」を受けます。

 

オーディションの種類には2種類があります。

 

・芸能事務所に所属するためのもの・役をつかみ出演するためのものです。

 

オーディションの倍率は、各映画やCM・ドラマの規模によってそれぞれ全く異なってくるため一概には断言出来ないのが実情です。

 

数千人の応募があるものがあれば、数人~数十人が参加するオーディションまで本当にさまざまなものがあります。

 

オーディション当日の流れとして1.書類審査2.オリエンテーション3.カメラテスト・面接4.実技審査5.合否発表となります。

 

書類審査に合格するためには、写真選びが重要です。

 

表情がはっきり分かり全身が映っている写真を選びます。

 

プロのカメラマンに撮ってもらえば間違いないと思います。

 

実技審査については、現在のスキルよりもこれから教えていってどれくらい伸びるのかという点を見られます。

 

役をつかむためのオーディションでは、1.自己紹介2.実技審査(長文セリフや歌など)3.合否発表という流れになります。

 

オーディション合格のコツとして、自分の個性を出すということが大切になります。

 

子役に求められるのは決してかわいさだけではないからです。

 

子供らしく人見知りしない元気で明るい子のほうが好印象のようです。

 

熱意や協調性といった人間性が重要です。

 

待合室で大声でおしゃべりしたり走り回ったり、人に失礼な態度をとったりするような子はたとえ実力に長けていたとしても落ちてしまいます。

 

これから大人ばかりの世界に飛び込んでいくわけですから、きちんと挨拶が出来る、敬語を使えるなどの社会常識を備えていることも必須です。

 

各メディアのオーディションで大切なのは、作品監督が求めている理想の演技をするということです。

 

監督の意図を読み取りそれにあった演技が出来るかどうかが採用、不採用に大きく関わってきます。

 

子役オーディションを受けてみると、常にかわいいと言われ続けてきた子が全国から集まった精鋭の中では、まさに井の中の蛙であることが分かります。

 

見た目だけで選ばれるというのはよほどのことがない限り難しいです。

 

自分らしく思いっきりやろうといった気持ちで受けることができるほうがいいと思います。

 

どんな状況でも自分らしく楽しめるという個性は大きな強みになります。

 

オーディションの際に気をつけるポイントがあります。

 

事務所オーディションの場合は普段通りの服装でOKですが、出演オーディションの場合は役柄、設定にあった服装をすることが大事です。

 

合格を勝ち取るために特に気をつけることは、大きなはっきりした声できちんと自分の名前を言うこと、笑顔を絶やさないことです。

 

方言は魅力的な個性ですが出来れば標準語もしゃべれるようなしておいたほうが役の幅が広がります。

 

同年代の子とも仲良く出来て、年代の違う人達とも普通に話が出来るというのも大切です。

 

メディアやライブ、大きいオーディションについての情報は・月間Audition・月間Deview・narrowなどでチェック出来ます。

 

有名子役と言われる子役は、ほとんどが事務所に所属しています。

 

事務所に所属すると、さまざまなオーディションを紹介してもらえるだけでなくレッスンを受けて演技力や表現力を身につけることができるからです。

 

有名子役をたくさん輩出している芸能事務所、テアトルアカデミーは、創立30年以上を誇る伝統と実績をもとに鈴木福君、小林星蘭ちゃん、谷花音ちゃんなど多数の名子役と言われている子役を出しています。

 

まだ無名の子供達の中にこのような名子役に続く子が出てくると思うと無限の可能性を秘めた子供にワクワクします。

 

オーディションというのは人間の優劣を決めるものではないのです。

 

ただ漠然とオーディションを受けるのではなく、将来は俳優になりたい、歌手になりたいなど大きな目標を掲げて日々の努力を積んでいけば栄光をつかむ日がくるでしょう。

 

一回で大きな役をつかんでいく子はそれほど多くはないと思います。

 

何度も何度もオーディションを受けて、落ちた経験から自分に足りないところは何なのかを模索しながら、諦めずに何度も挑戦していって場数を踏むことによって、段々度胸もつき出来なかったことが少しずつ出来るようになっていって自分の良さを伝える方法をつかんでいけると思います。

 

数回落ちたからといってすぐに諦めるのではなく、なるべく早く気持ちを切り替えるようにして次のチャンスをつかめるように前向きに努力することが大切だと思う。

 

何度も悔しい思いを味わった子のほうが、どんな状況になった時でも対応出来る力を付けていけるので長い目で見れば全てのことが経験として大事なものになっていくと思う。

 

-未分類

Copyright© 子役オーディションについて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.